気軽にコメントを書いてって下さいね!

ここは、わたしが酒の友として、
読んだり、観たりしている
本や映画の紹介をするプログです。


 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト / 2012.08.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク () | - | - | -


夏目友人帳 主題歌集 ( 初回限定盤 ) ( DVD付 ) / 2012.06.27 Wednesday



( ↑ 作品の詳細を見るだけのときには、タイトル又はイメージをクリックして下さい。)


【 内容紹介 】 ( アマゾンの紹介文より。わたしの感想は下に書いています。)

< 曲目リスト >

ディスク:1
1. 一斉の声
2. 夏夕空
3. あの日タイムマシン
4. 愛してる
5. 僕にできること
6. 君ノカケラ feat 宮本笑里
7. 今、このとき。
8. たからもの
9. 夏を見ていた [bonus track]

ディスク:2
1. ノンテロップOP/ED アニメーションDVD


< 作品紹介 >
人気アニメーション 『 夏目友人帳 』 の1〜4期のオープニング&エンディング・テーマに加え、ボーナス・トラックとして 『 蛍火の杜へ 』 のエンディング・テーマ 「 夏をみていた 」 ( おおたか静流 ) を収録した、コンピレーション・アルバム。


夏目友人帳 主題歌集


本日 ( 2012/06/27 ) 発売の、アニメーション 「 夏目友人帳 」 の主題歌集です。

「 夏目友人帳 」 は不思議な趣きのあるアニメで、毎回そのラストが特徴的でした。
あまり万々歳のハッピーエンドにはならず、そこそこに収まるべきところに収まって終わるという感じです。
そして、曖昧な結末に主人公の声が重なり、それなりに主人公が納得していることが知らされるのですが、これも結してはっきりした結論とは言えません。

そんなラストに被せる様にして、流れ出すエンディングテーマ曲・・・。
毎回、それで救われたような気がしたものです。

ですから、「 夏目友人帳 」 では、エンディングテーマ曲に特に思い入れがあります。
それをもう一度聞いてみたくて、今回、主題歌集を買い求めました。


初回限定版の特典として、ノンテロップOP/ED アニメーションDVD が付いていますので、その時の画面を思い出しながら聞くことも出来ます。

DVDの付かない通常版も発売されているのですが、何故かアマゾンでは、初回限定版にだけ割引が適用されるので、値段がほとんど変わらなくなっています。
興味を持たれた方は、迷わず初回限定版を買い求められると良いと思います。

なお、外箱、腰巻、ディスクケース、ディスク2枚とも、徹底してにゃんこ先生のデザインです。
夏目のなの字も出てきやしません。
にゃんこ先生のファンには、貴重なディスクになるかも知れませんね。
 
 
 
 
―――――――――――――― 本文はここまでです ――――――――――――――
Posted by akila (03:31) | SOUND 音楽 | comments(0) | -


スポンサーサイト / 2012.08.16 Thursday

Posted by スポンサードリンク (03:31) | - | - | -


■ コメントする ■

( コメント本文中のURLは受け付けません。御注意を!)














I'm waiting so long . . .



 ご訪問ありがとうございます。


 この歳まで自分の血液型を

 知らずに暮らしていましたが、

 やっと病院で聞いて来ることが

 出来ました。

 AB型だそうです。

 これまで、性格から逆判定

 されていたのと同じですね^^

 つまり、双子座のAB型!

 四重人格の捻くれ者???

 ?(゚_。)?(。_゚)?



 四重人格者のねじくれた

 サイトにようこそ!!

 (。・・。)(。. .。)ウン
  Click me ♪


プロフィール




カテゴリー

最新記事

アーカイブ

コメント

トラックバック
リンク

フリースペース

モバイル


フリースペース

クリックすると、ポップアップが出ます♪
Click us!



最近、ブログが重いので
アマゾンの広告は消しました。
別ページにまとめて置いています。
リンクの欄からお越し下さい♪(=^・^=)


――――――――――――――



――――――――――――――


――――――――――――――










I'm waiting so long so long . . .