気軽にコメントを書いてって下さいね!

ここは、わたしが酒の友として、
読んだり、観たりしている
本や映画の紹介をするプログです。


 
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト / 2012.08.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク () | - | - | -


再掲載 : 私の名はレギオンです ( 似非宗教の奥義って、得てして ・・・ ) / 2008.10.11 Saturday

こうして彼らは湖の向こう岸、ゲラサ人の地に着いた。
イエスが舟から上がられると、すぐに、汚れた霊につかれた人が墓場から出て来て、イエスを迎えた。
この人は墓場に住みついており、もはやだれも、鎖をもってしても、彼をつないでおくことができなかった。
彼はたびたび足かせや鎖でつながれたが、鎖を引きちぎり、足かせも砕いてしまったからで、だれにも彼を押えるだけの力がなかったのである。
それで彼は、夜昼となく、墓場や山で叫び続け、石で自分のからだを傷つけていた。
彼はイエスを遠くから見つけ、駆け寄って来てイエスを拝し、大声で叫んで言った。
「 いと高き神の子、イエスさま。 いったい私に何をしようというのですか。
神の御名によってお願いします。 どうか私を苦しめないでください。」
それは、イエスが、「 汚れた霊よ。 この人から出て行け。」 と言われたからである。
それで、「 おまえの名は何か。」 とお尋ねになると、
「 私の名はレギオンです。私たちは大ぜいですから。」 と言った。
そして、自分たちをこの地方から追い出さないでくださいと懇願した。

                                // マルコ 5 //


この画像、結構わたしの 『 お宝 』 なんですよ?


聖書の中でも、かなり解り辛く難解な部分です。

汚れた霊などという恐ろしげな言葉で語られ、その汚れた霊がまた、
「 私の名はレギオンです。 私たちは大ぜいですから。」
だなどと、禅問答のような掴み所の無い答えを返す ・・・。

わたしにも子供時代に、この個所には、一体どのような神秘的な暗喩が封じ込められているのだろうかと、ワクワクしながら答えを求めて資料探しをした、懐かしい記憶があったりします。 (^_^;)


でも、長じて分かったのですが、この部分の解釈は概ね次のような所で、意見の一致をみており、期待するほどの謎でも何でもないらしいんです。

「 レギオン 」 とは、固有の名前ではなく、ローマ軍の 「 大隊 」 を意味する言葉でした。
6000 ほどの兵士のグループを指すものであったようで、つまり 6000 の兵士を配下に置いているレギオンと言う組織が、当時そこにあったというだけの記述なんですね。

どうやらこの個所には、汚れた霊などという恐ろしげな言葉で象徴されなければならない暗喩などは仕込まれておらず、単なる当時の地理的・政治的状況の描写に過ぎなかったようです。


それは誠に残念 ・・・ かどうかは兎も角、長らく勘違いしていた間に自分なりのイメージが出来上がっていました。
独りで喋っても、「 大勢です 」 という、謎の 「 妖獣レギオン 」 ?!
( あ、呼び方はデビルマンですね♪ 怪獣より良いかナ、と思って!)
子供時代の想像ですから、漠然とした概念であり、そう厳密に定義されていた訳でも何でもありませんでした。

どうやらすると未だに、何処かに居そうな気のするほど、自分の中に深く根付いた観があり、今となっては妙に懐かしい気がしてなりません。


この画像、結構、わたしの 『 お宝 』 なんですよ?


さて、聖書には、この個所以外にも、現在の我々にとって解釈が難しく、しばしば 「 聖書の小骨 」 などと表現されたりする引っ掛かりが、あちこちに見られます。

近年、聖書の世界にも、少しは自由に論じられる風通しも出来たようで、以前ほど神秘主義一辺倒の解釈ばかりではなくなって来ました。
『 ダ・ヴィンチ・コード 』 のようなものは、明らかに穿ち過ぎであるにしても、取敢えず、「 言い出したら、即刻火刑! 」 でなくなったのは、良い事ではないでしょうか?


ただ、そういう部分の解釈は大抵の場合、当時あって、現在無くなっている社会状況を評した部分であることが多いのですが、一部の似非宗教団体に 「 奥義 」 のように解釈され、利用されているケースも後を絶たず、笑って済ませられることばかりでもないようです。
皆様も御用心おさおさ怠り無きように!


因みに、
「 すべて重荷を負うて苦労している者は私のもとに来なさい。 あなたがたを休ませてあげよう。」
は、クロネコのスキー宅急便が出現するという予言だ、というのが、わたしの解釈ですが、多分間違っているのでしょう。
(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

つか、そこ、難解個所でも何でもないから、解釈要らないって〜〜!
 
 
 
 


天才ばっか! / 2008.06.25 Wednesday

最近 ・・・ いや、ネットが普及し出した2000年以降、顕著になったろうか?
苦になって来ているのが、周りに 「 天才 」 が多過ぎるという事。
何処ぞのルリちゃんのように、「 バカばっか!」 と言えるなら、それなりに
楽しいのかも知れないが、自分以外の周囲が天才だらけというのは悲惨だ。

早い時期に幾つかのホームページに、「 私ほどの者ともなると 」 などと
いう記述を認めた時には、実は殆ど気にもしてはいなかった。
単純に、「 ・・・ ほどの者ともなると 」 を自分自身に使うなんて、冗談だと
軽く受け取って、聞き流していたからだ。

しかし、次第に様相が変わってき始め、やがてそういう風に言うもの同士で
互いを 「 先生 」 とか、「 流石に天才○○様 」 などと呼び掛け合い出し、
お互いに誉めそやすようになっていった。
勿論、自身はそう名乗りたくないというタイプも居たには居たが、そういう者
たちだって、その馬鹿げた天才ごっこを無視しているわけではなかった。

自分が中心になりたがらないだけで、その中心人物は異様に持ち上げる。
陰の番長タイプとか、副将志望って奴なのだろう。
で、何となく、階級制みたいになったそんな場所から離れたくて仕方が無く
なった。

人を尊敬し、学べる所が有るなら学ぶというのも悪くは無いんだろうけれど、
何しろ、今取り沙汰しているのは、「 私ほどの者ともなると 」 なんて、わたし
の感覚では有り得ない台詞を平気で吐く人達の話なんだから、真面目に
尊敬しようにも、かなりの無理があった。

そもそも、その他人を小馬鹿にしたような台詞そのものが、「 てにをは 」
すら正しく用いていない日本語で書かれていた。
普段から大して読書の習慣も無いのだろう、漢字もワープロ機能に頼った
滅茶苦茶で、以前にわたしが冗談で使っていた 「 駄菓子菓子 (だが、
しかし) 」 のような漢字が、短い文章の中のあちこちに鏤められていて、
まるで、判じ物だった。

そういう文章を通して、「 私ほどの者ともなると ・・・ 」 を拝聴し、天才の
孤独感を伺っても、学ぶべき点を感ずるどころか、逃げ出したくなるばかり
だった。
だいたいが、自分が天才だと誇って、相手と違っていると宣言することに、
何の意味が有るのかも分からない。
「 その遊び、面白いのん?」 としか、言いようが無いだろう、それ!

結局、2005年にそういうサイトを管理している女性とひと悶着あって、以降
サイトを通した、仲良しグループのようなものには一切参加していない。
反目された時の相手の恨みが存外大きく、「 この世から消えろ 」 としつこく
言われて、その当時のブログだけでなく、新しいサイトにも追掛けて来た
とか、そんな事情も有ったのだが、正直に言うと、そういう水準の人を
持ち上げ続ける付き合いに疲れてしまった。

つまり、もう、褒めたくなくなっていた。
今でもそうだが、もうあと一言も、そういう人を天才と呼びたくないし、その人
の漏らす、「 世の中の水準が低い 」 という嘆きに対して、慰めの言葉も
掛けたくなくなっていた。
飽きちゃいました!その手の天才ごっこ。

そりゃ、大人しくそこに居れば、その人もこちらを天才の一員と呼んでは
くれるんだけど、残念ながら当方は大阪育ちで、「 そんな一文にもならん
称号は要らない 」 という口だった。
知能なんて、実質その場を乗り切れたり、何か必要に駆られたとき、間に
合わせに詰め込んだ内容を覚えてられりゃ、そんで良かろう、としか考え
ない。

要するに、「 英検とか資格は要らないから、洋画見るとき、字幕から目を
放したい。海外旅行では、勝手に街をほっつき歩きたい 」 という手合いだ。
最初っから、言葉だけの上での天才の称号なんてのは、有り難いと思え
なかったということらしい。

しかし、矢張りその後もそんな傾向は強まる一方だ。
出入りしているサイトにもそんな場所が驚くくらいに多い。
最初からそうであったのなら、そこの読者になってはいなかった筈なの
だが、この一年ほどの間に、急に驕り上がってしまって、仕方無く行くのを
止めたところも数件あった。

当初通常のサイトだったところが、カウンタが回り出し、固定閲覧者が増え
出した途端、自身の動作を職業作家に擬えて呼ぶようになったりと、もう
手が付けられない。

冷たい冷気とか、机上の上で ・・・ などと言う重ね言葉満載のホムペなど
一般人と思って読みに行っていたときには、それも御愛嬌と受け取れたが
次第に、「 執筆中です 」 「 脱稿しました 」 となって行き、周囲がそれに
阿って、「 お疲れ様です。」 「 楽しみにしておりました。」 と応じ始めると
当人はもう、ファンが付いた事に気を良くしてしまい、作家気取りだ。

最近では、「 日記 」 として載せている日常報告に、2・3日置きに、数十万円
の買い物をしたという記述が載せられているので、遠からず自己破産する
予定であるらしい。
( 夫は漁師で現在、赤字操業だとも書いているが ・・・?)

持ち上げられ続けると、本当に作家になったような気になって、だから作家
のような文章を書いて、「 冷たい冷気 」 は止めるか ・・・ と考える代わりに、
収入が増えていないにも関わらず、人気作家並みの買い物がしたくなる
ものらしい。
あな怖ろしや!その代金はどうやって支払うんだろう ・・・?


ネットだから、何をどうしても実際の姿が見えない。そういう安心感が有る
のかも知れない。
ネットの匿名性を最大限に生かして、虚構の自分を楽しんでいるのかな?
とも思う。
だけど、偶然にしては、そんな人の出現が急激に増え過ぎてもいるようだ。

時代的にそうなっているのかも知れない。特に現在の日本では。
だって、日本に限って、「 頭脳開発商品 」 と称するものが、矢鱈多いと思う。
しょうもない携帯ゲーム機用のソフトにまで、最近そういうものが相次いで
発売された。

そのシリーズには、一々 「 大人の 」 というタイトルが付けてあったが、大人
になってからの頭脳開発なんて、そもそも間に合うのだろうか?
使えば多少、気が利いてくるにしても、IQ 100 から、200 に、なんていう
皆の期待に応える様な効果が有るものなのか? ・・・ ちゅうか、IQ の存在
意義自体が、元来 「 子供の 」 ませくれ返り度の指標みたいなものだって、
みんなちゃんと知ってるのかな?


mindmap


・・・ てなことを考える今日この頃ではあるのだが、先日面白いことを発見
した。
これまで、時々耳にしていた 「 マインドマッピング 」 という言葉。
一昔前のフローチャートのように、一応の規則でも知っていれば、何か
作業が上手く行くようなツールだと思っていたが、ちょっと違うらしい。
( いや、フローチャート自体、わたしは絶対に使わないけど!)

これ、何冊も本が出ているのだが、読んでも読んでも、マインドマッピング
の効能を謳い上げるばかりで、具体的なノウハウを教えてくれない。
本自体は、付録にCDなどが付いている割には安価な価格設定で、1000円
くらいから有るのだが、読者レビューを読んでいると、どれもが効能の説明
だけで終わってしまうようだ。

で、もっと詳しく知りたければ ・・・ って事になる訳だけど、その行き着く先が
非常に高価な研修や、インストラクター養成コースばかり。
インストラクターばかりを養成して、誰に教えようっての?知識のねずみ講
じゃないか ・・・ って思ってしまうけど、いやいや、この感覚は以前にも見た
覚えが大有り名古屋だってぇの。

読めども読めども効能の紹介、あくまで本チャンは当会にて ・・・ ってこの
商法は、昔書店で買い物をすると、強制的に袋に入れられてしまった 「 速聴 」
の案内書にそっくり!
あれは、本当に高かった。120 ― 130万円 〜 だったっけ?

遣り口が似てるなあ ・・・ そう思って調べてみたら、成る程!と思う事項を
発見!
実は、マインドマップを最初に日本に紹介しようとしていた人物が、速聴を
広めている例の田中何某氏。

今のブザン協会の会長が、それを引き取って事実上の独占販売をして
いる形になっている。
提唱者が何処に二人の相違点を見い出して、選び替えたのかは知らない
けれど、少なくとも受け取り側にとっては、速聴を勧めるような感じで取り
扱える 「 商品 」 であったとだけは、言えるだろう。


速聴はわたし自身は好まないのだが ( ← 遅読み専門だから。)、効果は
実際に報告されているようで、理屈だけはそう理不尽なものではない。
また、速聴の内容として販売されている 「 ナポレオン・ヒル 」 の著述も、
本当に世界中で良く読まれているビジネス書である。
問題は、それを組み合わせて、100万以上の価格で販売している点と、
何故かそれらに、「 頭脳力アップ 」 の効果を謳っている点だ。

どういう訳か、日本には 「 脳力アップ 」 とか 「 天才になれる 」 商品が、
溢れ返っている。最近そういうのが益々増えた。
マインドマッピングの紹介ビデオでも、最初に 「 人間は脳の1パーセント
しか使っていません。」 という文言が入っている。

勿論、それは余裕の部分で、余程の奇跡でも起こらない限り、マッピング
を上手くやったからと言って、100% とか 90% になったりはしない。
マインドマッピングはある種の整理術であって、脳開発の道具ではないと
思うし、初期の頃のブザンの活動を見ていても、そんな気配は感じ難い。

小さな子供の場合、本当に物覚えが悪いと言うより、整理が苦手だったり
ちゃんと考えようとする習慣が無くて、成績が悪い子が居るものなのだが、
そういう子供たちを集めて、マッピングの指導をしているに過ぎないのだ。

しかも、机に文房具を取り散らかせて、のびのびと自由にやらせており、
こういう指導をされたら、整理の下手だった子供には本当に良さそうだと
さえ感じる。


しかし、現在日本向けに紹介されているマインドマッピングでは、提唱者の
トニー・ブザンは、マインドマッピングについて十二のルールを定めており、
「 それに従っていないものはマインドマップとは呼べない 」 と主張している。
そのルールとやらを守ろうとする事で、マッピングの本来の目的であった
「 イメージを拡げ、自由な発想を延ばしていく 」 という効能が阻害されない
ことを祈るばかりである。


何だか、もう、世界でそんな幻想を抱くのは日本人だけと言われるような、
頭脳開発のノウハウや、天才を作るスーパードラッグ ( 有り得ない!) を
追い求めるのは止めにした方が、頭が良く見えるんじゃないの?とまで
思ってしまう。

それで無くとも、我こそは 「 一般 」 ( 何を指してる気だ?) とは、違って
天才だと思っている奴が溢れ返っている我が国で、こんなにも他所の国の
人達が見向きもしない 「 天才グッズ 」 を追い求めるのは、滑稽だと思う。
もう、充分過ぎるって考えないんだろうか ・・・?
 
 
 
 


レトリックという名の定型 ( え?) / 2007.07.13 Friday

    別ブログ用の文章ですので、前後の無いここに載せると
    ちょっと不自然なのですが、内容はこれで独立していますので、
    まぁ、いっか ・・・。 ヾ(´ I `♥)ノ゛


レトリック ( rhetoric ) という言葉を御存知でしょうか?
日本語にすると、レトリック というカナ書きそのまま、もしくは、修辞学・
美辞学となります。
時代順に、美辞学 → 修辞学 → レトリックと呼ばれることを好まれて来た
という経緯はありますが、修辞学が、広義に 「 読者の感動に訴えて説得
の効果をあげるために言葉や文章の表現方法を研究するもの 」 を言う
とした場合、レトリックは 「 実質を伴わない表現上だけの言葉。表現の
巧みな言葉。」 ( 以上、三省堂 大辞林による ) という、もう少し狭義の
意味合いで使われることが多く、修辞学の一部とも言えるでしょう。

そして、「 実質を伴わない表現上だけの言葉 」 というなら、レトリックの
技法の一つである撞着語法は、最もレトリックらしいレトリックだと思い
ます。
撞着とは、突き当たること・ぶつかることで、矛盾と言い換えれば、より
平易な言葉になるでしょうか?
実際、矛盾の入る位置に撞着を入れ替えても、言葉はそのままの意味
で成り立つ事が多いのです。
例えば、自己矛盾 → 自己撞着
矛盾しているじゃありませんか → 撞着しているじゃありませんか
と、言い換えても意味が変わりません。*

では、どうやって矛盾で読者の感動に訴えて説得の効果をあげるのか?
・・・ ですが、まぁ、エッシャーなどの 「 騙し絵 」 のようなものだと思って
下さい。
エッシャーの代表作の幾つかは、遠近法を逆手にとって有り得ない世界
を具現させています。
実際の視界になら必ず働く遠近法を、それを無視出来る絵の中に持ち
込むことで、人々の前に見たことの無い世界を披露している訳ですね。


クリックして下さい。少し大きくなります。
      Maurits Cornelis Escher ”Waterfall”


撞着語法を簡単に説明すると、それの文章版のようなものです。
物理則に従えば有り得ない事象も、言葉の上でなら存在可能という点を
利用して、読者にこれまでに無かった表現を提示します。

短く例を挙げるなら、

『 耳を聾 (ろう) せんばかりの沈黙 』 とか、
『 大都会という名の孤島 』 てな感じ。

実際には起こり得ないのですが、読むとそれなりに、非常に静まり返って
いたのだろうとか、賑わっていながら殺伐とした都会の風景なのだろう
とか、感ずることが出来ます。

そうそう ・・・ 実は真ん中に、「 という ( 名の ) 」 を入れると、撞着語法
って、いくらでも作れるんですよね。
( もっとも、毎回同じ形式では、いくらでも発表出来るかどうか、には責任
を持てませんが ・・・。)
要するに、「 という ( 名の ) 」 を挟んで、現実では並列できない2つの
事象を並べれば良いということです。

『 愛情という名の憎悪 』 とか、
『 賢者という愚者 』

勿論、単語を入れなければならないというものでもありませんので、文章
を入れても一向に構いません。

『 君を壊したい、地獄に突き落としたい ・・・ それほど君を愛している。』

など、感ずるところはあるでしょうが、現実に持ち込むと相手を怒らせるか、
警察のお世話になることでしょう。

或いは、

『 大都会の人ごみの中に立つと、私を襲ってくるのは痛いほどの静寂 』

と、普通に繋ぐのもOKです。

何となく、撞着語法が見えてきたでしょうか?
まぁ、修辞技法などというものは、書物で文章を読む機会の多かった
一昔前なら、殊更に名を付けて説明してもらわなくとも、読み込んでいる
うちに自然と体得出来たものであったのですが。
今だって勿論それは出来ますし、感が良いというか、文章の雰囲気を
飲み込むことが早い人であれば、少ない読書量でも、何となく無意識に
使えるようにはなるものです。

ただ ・・・

その、無意識にでも使えるようになってしまう理由が大半、「 虚仮脅し 」
なのが、ちょっと気になるところです。
もともと、この手のレトリックには実態が有りませんので、虚仮脅しに
なり易い性質を持つものなのですが、やはり、人が使用しているのを
見ていても、「 虚仮脅し 」、或いは 「 格好付け 」 のために持ち出して
いることが多いと感じます。

故に、わたし自身は然程好きではありませんが、これまで余りレトリック
に触れたことの無い世代には、新鮮にでも感じられるのでしょうか。
ある意味、受けが良いようですね。


『 背徳の美学。堕落という進化。殺意に濡れた愛撫。』
『 それは残酷なほどひたむきな魂のカタチ。』

     ( 三蔵の絵・悟空の絵に添えてあった散文詩?より )


クリックしても何も出ません!

クリックして下さい。少し大きくなります。


良く出て来ましたよね、撞着語法!
こういうファンサービスみたいなところ以外にも、漫画の切れ目切れ目に
差し込んである絵に時々書き込まれています。

八戒に宛てた ( のか?) 散文詩だけは、ちょっと趣きの違ったものに
なっており、八戒らしい穏やかで少々間の抜けた洞察に、皮肉の利いた
付け足しをするという手法が使われているようです。

『 サボテンさんは人のココロが判るそうです。』 ( だからこんなに
トゲトゲしてるンでしょうかねぇ?)

ここでは、前半はレトリックでも何でもない、のんびりと一般論を述べて
いる状態。
後半は、「 人の心が判る 」 というほのぼのした特性を一気に覆すかの
ような、「 トゲトゲしている 」 という評価。
この場合、本体と括弧書きの付け足しを対義結合させている訳で、2文
に亘る撞着語法とも受け取れます。

また全体的に、世間で一般的なことと真っ向から反対のことを言うことに
よって、そういった別の考え方もできるよと改めて考え直すことを促すと
いう、逆説法でもあります。

複合効果のようで、分類はし難いのですが、一度掴んだ語調を繰り返し
使い続けられるという点で、作者はこういったレトリック全てがお好きなの
かも知れませんね。

この場合の語法を真似ると、

『 命って大事に使えば一生もつんですよ。』 ( 実は粗末に使っても
一生もつんですけどね!) 

などというものが出来上がります。

皆さんは、レトリックがお好きでしょうか ・・・ ?


注 :

いくら何でも定義が独自ではマズイだろうと辞書を引いた分と、最遊記
から抜き出した部分以外は、わたしが適当に並べ立てただけのもので、
参照文献などは、特にありません。
例文も、その場その場で適当に拵えた独自のものです。

* 実は、撞着語法自身をも、矛盾語法と言い換えることが出来るので、
「 矛盾 」 の方が平易な言葉だと思うのなら、最初から矛盾語法って
言えよ!と叱られそうですが、レトリックに関しては、「 撞着語法 」 と
いう呼び名の方が知られているように感じますので、そちらを紹介しま
した。
 
 
 
 


星に願いを♪ / 2007.07.07 Saturday

今夜は七夕ですね。
七夕を控えてか、ここ数日、「 神の目 」 というチェーンメールが、普段
にも増して活発に飛び交っていたようです。

このチェーンメールには、先ずこの写真 ( の一部 ) が掲載され、


Helix Nebula


そして、次のような同じ文章が載せられています。


from NASA Hubbell Telescope. Make 7 wishes.
ナサのハブル望遠鏡撮影。
「 7つの願いをこめて 」
この写真はナサの天体望遠鏡で撮影されたもので、 3000年に一度と
言われている大変珍しい現象です。
これは「神の目」と呼ばれています。この目を見つめる者には多くの
奇跡が訪れるといわれており、見るものがこれを信じる信じないは関係
なく、 7つの願いが聞き届けられると言われています。
とにかく試してみて、どのような変化があるか、見てみてください。
この知らせを、「 そのかたの願いが叶いますように 」 と思いを込めて、
たくさんの方にシェアして下さい。
自分だけで独り占めはしないこと。
今日から七日までが最も強いパワーだそうです。


わたしには疑問に思えました。
通り過ぎてゆく彗星と違って、文字通り 「 天文学的な時間 」 を掛けて
変化するはずの星雲に、「 今日から 7日まで 」 という、最長でも 31日
間の賞味期限を付けられてもなぁ ・・・ 。
3000年に 1度と言っても、前回に当たる 3000年前にそれを観測する
技術は無かったろうし。


そこで、一応元の hubblesite を探ってみました。
http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2003/11/image/a/


ABOUT THIS IMAGE :
In one of the largest and most detailed celestial images ever made, the coil-shaped Helix Nebula is being unveiled tomorrow in celebration of Astronomy Day (Saturday, May 10).

The composite picture is a seamless blend of ultra-sharp NASA Hubble Space Telescope (HST) images combined with the wide view of the Mosaic Camera on the National Science Foundation's 0.9-meter telescope at Kitt Peak National Observatory, part of the National Optical Astronomy Observatory, near Tucson, Ariz. Astronomers at the Space Telescope Science Institute assembled these images into a mosaic. The mosaic was then blended with a wider photograph taken by the Mosaic Camera. The image shows a fine web of filamentary "bicycle-spoke" features embedded in the colorful red and blue gas ring, which is one of the nearest planetary nebulae to Earth.

Because the nebula is nearby, it appears as nearly one-half the diameter of the full Moon. This required HST astronomers to take several exposures with the Advanced Camera for Surveys to capture most of the Helix. HST views were then blended with a wider photo taken by the Mosaic Camera. The portrait offers a dizzying look down what is actually a trillion-mile-long tunnel of glowing gases. The fluorescing tube is pointed nearly directly at Earth, so it looks more like a bubble than a cylinder. A forest of thousands of comet-like filaments, embedded along the inner rim of the nebula, points back toward the central star, which is a small, super-hot white dwarf.

The tentacles formed when a hot "stellar wind" of gas plowed into colder shells of dust and gas ejected previously by the doomed star. Ground-based telescopes have seen these comet-like filaments for decades, but never before in such detail. The filaments may actually lie in a disk encircling the hot star, like a collar. The radiant tie-die colors correspond to glowing oxygen (blue) and hydrogen and nitrogen (red).

Valuable Hubble observing time became available during the November 2002 Leonid meteor storm. To protect the spacecraft, including HST's precise mirror, controllers turned the aft end into the direction of the meteor stream for about half a day. Fortunately, the Helix Nebula was almost exactly in the opposite direction of the meteor stream, so Hubble used nine orbits to photograph the nebula while it waited out the storm. To capture the sprawling nebula, Hubble had to take nine separate snapshots.

Planetary nebulae like the Helix are sculpted late in a Sun-like star's life by a torrential gush of gases escaping from the dying star. They have nothing to do with planet formation, but got their name because they look like planetary disks when viewed through a small telescope. With higher magnification, the classic "donut-hole" in the middle of a planetary nebula can be resolved. Based on the nebula's distance of 650 light-years, its angular size corresponds to a huge ring with a diameter of nearly 3 light-years. That's approximately three-quarters of the distance between our Sun and the nearest star.

The Helix Nebula is a popular target of amateur astronomers and can be seen with binoculars as a ghostly, greenish cloud in the constellation Aquarius. Larger amateur telescopes can resolve the ring-shaped nebula, but only the largest ground-based telescopes can resolve the radial streaks. After careful analysis, astronomers concluded the nebula really isn't a bubble, but is a cylinder that happens to be pointed toward Earth.


2003年の記事ですね。
記述から、写真の公開は 5月9日ですか。
しかも、合成写真だそうです。

ま、嘘にしても、綺麗な嘘だとは思いますし、アインシュタインが、日本の
万世一系の男系天皇を褒めそやした ・・・ ってのよりは、100万倍もマシ
だとは思います。
ある意味、皆の幸せを祈る気持ちで広がったものでしょうし、愛子内親王
のような被害者も出しません。

ただし、残念ながら 7つの願いはでっち上げですし、百歩譲って、そこ
に記載が無くとも経験的に本当に願い事は叶うんだ強弁としたところで、
とっくの昔に期限切れのようですね。
( ちゅうか、天文台 ( 望遠鏡と写真器 ) に光が届くまでの時間を考えに
入れると、気が遠くなる程の期限超過ですね!! (=^・^=) )
 
 
 
 


傍観者効果 / 2007.04.23 Monday

alone


特急トイレで女性暴行、36歳男を再逮捕 … 乗客知らんぷり
(読売新聞) 2007年4月22日(日)20:45


 JR北陸線の特急電車内で昨年8月、女性客に乱暴したとして、大阪府
警淀川署は21日、滋賀県湖南市の解体工事業、植園貴光被告 (36)
( 強姦罪などで公判中 ) を強姦容疑で再逮捕した。

 同じ車両には約40人の乗客がおり、異状に気付いた人もいたが、
植園被告にすごまれ、制止や通報ができなかったという。

 植園被告は昨年12月、JR湖西線の電車内と大津市内の駅トイレで
2件の女性暴行事件を起こしたとして起訴され、今月6日、大津地裁で
開かれた初公判で起訴事実を認めていた。

 調べでは、植園被告は昨年8月3日午後9時20分ごろ、特急
「 サンダーバード 」 ( 9両 ) が福井駅を出発した直後、旅行客の大阪
市内に住む20歳代の女性の隣に座り、「 声を出すな、殺すぞ 」 と脅し
て体を触り始め、同10時45分に京都駅を出発後、トイレに連れ込んで
暴行した疑い。


■■□―――――――――――――――――――□■■


凄まれたんだか何だか知りませんが、全員が身動きも出来ないほど
見張られていた訳じゃあるまいし、制止できる力が無いまでもせめて、
電話してやるとか、降りた人だけでも駅で知らせておいてやれば、良さ
そうなものを! ・・・ とは思いましたが。

こういったことを肯定するために思い出したのではありませんが、ただ、
昔からこういう現象が往々にして起きてきたというのは確かなようです。
社会心理学用語であり、集団心理の一つとして数えられる、傍観者効果
(ぼうかんしゃこうか) がそれ。
この言葉は、1964年にニューヨークで起こった婦女暴行事件、キティ・
ジェノヴィーズ事件をきっかけに提唱され有名になり、今も社会心理学を
学ぶ際には、必ず触れられるエピソードとなっています。

その事件は、深夜に自宅アパート前でキティ・ジェノヴィーズが暴漢に
襲われた時、彼女の叫び声で付近の住民38人が事件に気づき目撃して
いたにも関わらず、誰一人警察に通報せず助けにも入らなかったという
ものでした。
結局彼女は死亡してしまい、当時のマスコミは都会人の冷淡さであると
して、この事件を大々的に報道しました。

この事件を受け、アメリカの心理学者、ダーリーとラタネは、寧ろ多くの
人が悲鳴を聞いていたからこそ誰も助けなかったのではないか?と考え、
実験によって、傍観者効果という集団心理の存在を証明しました。

傍観者効果が現れる要因として、「 責任の分散 」 「 評価懸念 ( 聴衆
抑制 ) 」 「 多数の無知 ( 多元的無知 ) 」 の3つがあげられています。

「 責任の分散 」 は、自分一人の場合には、助けなかった責任は自分
一人が背負うことになるが、他に多くの人がいる場合には助けなくても、
責任が分散し自分一人の責任ではなくなると考えることを言います。
「 評価懸念 」 は、自分が助けに行って何でもなかったときに、恥をかく
のではないかと、そちらを気にすること。
「 多数の無知 」 は、自分が助けに行かないのは評価懸念などのため
であるが、他の人が助けに行かないのはその事態が助けを必要として
いないと認識しているからだ、と考えること。 ・・・ つまり、他の人も評価
懸念などのために助けないのですが、他の人の考えが分からないため、
勝手にそう考えてしまうわけですね。

このような傍観者効果は、傍観者の数が増えるほど、また自分よりも
有能な人がいるときほど顕著になります。


勿論、こんな心理効果が働くから、助けないのが当たり前だと言いたくて
取り上げた訳ではありません。
人間にこのような集団心理が発動することがある方を前提として、それに
対応出来る社会システム・防犯システムを用意する必要があるのでは
ないか? ・・・ と思っただけです。 
 
 
 
 






I'm waiting so long . . .



 ご訪問ありがとうございます。


 この歳まで自分の血液型を

 知らずに暮らしていましたが、

 やっと病院で聞いて来ることが

 出来ました。

 AB型だそうです。

 これまで、性格から逆判定

 されていたのと同じですね^^

 つまり、双子座のAB型!

 四重人格の捻くれ者???

 ?(゚_。)?(。_゚)?



 四重人格者のねじくれた

 サイトにようこそ!!

 (。・・。)(。. .。)ウン
  Click me ♪


プロフィール




カテゴリー

最新記事

アーカイブ

コメント

トラックバック
リンク

フリースペース

モバイル


フリースペース

クリックすると、ポップアップが出ます♪
Click us!



最近、ブログが重いので
アマゾンの広告は消しました。
別ページにまとめて置いています。
リンクの欄からお越し下さい♪(=^・^=)


――――――――――――――



――――――――――――――


――――――――――――――










I'm waiting so long so long . . .