気軽にコメントを書いてって下さいね!

ここは、わたしが酒の友として、
読んだり、観たりしている
本や映画の紹介をするプログです。


 
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト / 2012.08.16 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク () | - | - | -


ハイチ地震被災者に千羽鶴を送ろう!活動が mixi で広がる / 2010.01.27 Wednesday

折鶴


ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪
産経ニュース 2010.1.25 18:32


 「 家族を失った人たちに1人じゃないことを伝えたい 」 −。

 ハイチ大地震で被害を受けた人たちに、千羽鶴を贈って元気になってもらおうという動きが、インターネットの会員制コミュニケーションサイト 「 mixi 」 (ミクシィ) で広がっている。
呼びかけ人の会員の元にはすでに全国から鶴が多数寄せられており、今後、NGOなどを通じて被災地に送られることが検討されている。

 清瀬市のアクセサリー作家、中村ゆりさん (34) は今月中旬、長男の風汰くん (4) と一緒に、ハイチの地震被害者たちに心を込めて千羽鶴を折った。
羽の部分には、復興と回復への思いを込め、ローマ字で自分たちの名前を書いた。

 中村さんは地震が起きた直後、日本赤十字社を通じて現地に義援金を送った。
しかし、テレビでは毎日、多くの人々が倒壊した建物のがれきの下に取り残され、食料を求める人々の様子が映し出される。
「 日本にいて、何も助けられない自分がもどかしかった 」 という。

 そんなとき、参加している 「 mixi 」 の会員が、鶴を折ってハイチに送ろうとしていることを知った。
「 これなら日本にいる自分にもできる 」。
そう思った中村さんは早速、千羽鶴活動に参加することにした。
近所の友人らに声をかけて鶴を集め、近く呼びかけ人でワクワククリエーターのみぃやさん (21) = 大阪府吹田市 = の元に送る意向だ。

 みぃやさんは今年初旬、兵庫県淡路市の北淡震災記念公園を訪ねたとき、海外の人たちが手形を寄せてくれていたことに感銘を受けた。
その直後にハイチで地震が起き、mixi 上で友人に何かができないか問いかけたところ、千羽鶴のアイデアをもらったという。

 折り紙は 7・5センチ四方のものに統一し、思いを伝えるため、1人1つの鶴に限定して募集していることを今月15日、日記に書いたところ、全国から多くの反響が寄せられた。
そこで、みぃやさんはすぐに友人に協力を呼びかけ、事務局が関東や中部など全国に 5支部を設置した。

 「 食糧不足の中で、千羽鶴を集めても、しようがないとの批判もあった。 でも被害者の中には、家族を失って悲しんでいる人が多くいる。 そんな人たちに国は離れているけれど、鶴を贈ることで、1人じゃないよという気持ちを伝えたかった 」 と、みぃやさん。

 集められた鶴は糸でつなげて千羽鶴にし、ハイチの情勢が落ち着いたころに、NGOなどを通じて現地に届けたい意向だ。


■■□―――――――――――――――――――□■■


こんなのを実行したら、国際問題になるかもね!
ハイチの情勢が落ち着いたころに ・・・ とか書いてあるけれど、そんなのは何年も先の話だと思う。
だのに何故、現在あのような状況を晒しているハイチを思い浮かべて、千羽鶴なんぞを思い付くのだろうか ・・・ ?


昨夜読んだこの記事に、まだ怒りが治まらない。
発案者が行って、直接手渡して殴られて来れば良いと思う。

自分が飢えと暴力の中に居て、命が危ういというとき、さあほらって、食べ物の代わりに千羽鶴を差し出されたら、どんな気持ちがするだろう?
その発案者が交通事故か何かで死に掛けたときには、救急車を呼ぶ代わりに、折鶴を差し出して、ほら、気持ちがこもっているでしょう?とか言ってやりたい!

・・・ そして毎度の事ながら、何故こういう事態に限って産経新聞は、それを美談のように取り上げるのかと疑問に思う。
 
 
 
 
―――――――――――――― 本文はここまでです ――――――――――――――


たった99円 … 戦時徴用の年金手当 / 2009.12.24 Thursday

クリックして下さい。少し大きくなります♪


戦時徴用の年金手当たった99円 元朝鮮挺身隊女性に
(朝日新聞) 2009年12月23日(水)05:00


 太平洋戦争中、「 朝鮮女子勤労挺身隊 ( ていしんたい ) 」 として 10代で朝鮮半島から日本に徴用され、工場で働かされた韓国人女性たちが 1998年に請求していた厚生年金の脱退手当金について、社会保険庁が7人の一定期間の加入を認め、各 99円を支払ったことが 22日、分かった。
社保庁は請求から 11年かかったことについては 「 個別の案件には答えられない 」 としているが、金額は厚生年金保険法に基づいて算定したとしている。
女性の一人は 「 馬鹿にされた思い 」 と話した。

 脱退手当金を請求していたのは、40年代に挺身隊として三菱重工業名古屋航空機製作所道徳工場 ( 名古屋市南区 ) で従事していた 8人。
支援者らによると、戦争中に亡くなって年金加入期間が短い 1人を除く 7人は今年 9月、44年10月 〜 45年8月の 11カ月間、年金に加入していたと認定された。
12月半ばには、脱退手当金として銀行口座などに1人 99円が振り込まれたという。

( もっと詳しくは、http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200912220535.html?ref=goo )


■■□―――――――――――――――――――□■■


実はこの直前に、パキスタンの女性事情として、アシッド・アタックの記事を読んでいました。
( かなりショッキングな記事ですので、気の弱い方は開かないで下さい。
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4765.html )

アフガンからカンボジアにかけてのアジア地域 ( 特にパキスタン ) では、女性を脅迫し、隷属させるために行われる一般的な手段だという、アシッドアタックの記事でした。

非常に酷い内容で、掲載された女性達の写真は凄惨を極めていました。
女性の顔面を強酸で攻撃するのが、そう珍しくもない日常茶飯事だという、その記事を驚きを以って眺め、女性と言う名の人間をここまで貶めないと満足できない男性とは、如何なるものかと考え込んでいた訳です。


でも、その後に、この 「 年金支払い 」 の記事を読んで、それを決定し、実行に移した社保庁の日本人も、それにおさおさ劣らないと感じました。
要するに、相手のダメージが想像出来ない者同士だということなのでしょう。

長い期間争い続けて、やっと得た金額が 99円だったときの、相手の感情など一切想像できていないのです。
また、女性にも人生が有り、より良く生きたいという願望が有ることを推し量れないという意味でも、件のパキスタン人と同じ水準です。

何だか、この記事を読んで、酸を浴びせたか、99円の支払いという侮蔑を浴びせたかだけの違いで、両者の根本的な人間観 ( 女性観 ) に、似たものが有るのを感じた一日でした。
 
 
 
 
―――――――――――――― 本文はここまでです ――――――――――――――


入居差別と言うけれど ・・・。 / 2009.11.23 Monday

クリックして下さい。少し大きくなります♪


家賃滞納情報の共有構想が波紋 = 入居差別に懸念も
(時事通信) 2009年11月22日(日)15:03


 入居者の家賃滞納状況などの信用情報をデータベース化する構想が波紋を広げている。
連帯保証を有料で引き受け、家賃の支払いが遅れると立て替える保証業者が計画しており、悪質な滞納者が見分けやすくなると利点を強調する。
一方、市民団体や有識者は 「 社会的弱者の入居差別に使われる恐れがある 」 と反対、対立が収まる気配は見えない。

 保証業者 9社は 10月、「 全国賃貸保証業協会 」 を設立し、データベースの準備を始めた。
来年2月ごろから入居者の同意を得て滞納の履歴などを登録、将来は入居の申し込みがあれば業者が照会する仕組みだ。
参加は20社程度まで増える見通し。

 一方、悪質な家賃債務保証業者の被害防止に取り組む 「 全国追い出し屋対策会議 」 は 9月、「 社会的弱者が民間賃貸住宅市場から排除されることにつながる 」 と抗議。
日本司法書士会連合会も 11月、同様の理由で構想の中止を求める声明を発表するなど、「 ブラックリスト化 」 を心配する声が出ている。

 これに対し、保証業協会はきちんと家賃を払っている人の信用補完につながるなどと強調。
「 審査はデータベースの情報だけで決めない。決してブラックリストではない 」 として、構想推進の構えを崩していない。

 ただ、業界側も一枚岩ではない。 11月には別の団体 「 賃貸保証機構 」 が発足し、参加業者はデータベース構想を批判。
生活の不安定な入居者への相談業務などに取り組むとして、同協会と距離を置く姿勢を見せている。


■■□―――――――――――――――――――□■■


大家と店子 (たなこ) の権利関係が不平等で、実情に合わないといった話は、以前の記事に載せました。
http://akilas.jugem.jp/?eid=709
大家側にとって、必要なデータベースである点も、ブラックリストになっても構わないという話もそちらに載せていますので、良ければお読み下さい。

ここでは、入居差別という考え方に対する意見を書くつもりです。
わたしは、もし仮に 「 入居差別 」 と言うものが有るなら、それは、次のようなケースを言うのだろうと考えています。
決められた家賃の支払能力があり、実際毎月キチンと家賃を納めているのに、外国人だ、とか、女所帯だとかいう理由で排除される。
若しくは、そういう所帯はリスクが高いと勝手に決め付けられて、割高な家賃を要求される。
・・・ 条件を満たしているのに、何らかの差別意識で、住む所に困る、こういったケースこそが、差別ではないでしょうか?

ところが、ここで 「 差別だ 」 として庇われようとしているのは、家賃を滞納する悪質な店子です。
一旦入居を許してしまうと、前回に述べたような理由で、中々追い出すことも叶わず、大家が一方的にダメージを受けることになるのです。
ダメージを受けると分かっている店子を抱え込むことが、果たして 「 平等 」 の精神なのでしょうか?

わたしには、とてもそうだとは思えません。
何故か現在の日本では、「 差別 」 という言葉が、葵の印籠か、オールマイティの免罪符のように捉えられているようですが、本来 「 差別 」 とは、条件が同じなのに、偏見や思い込みによって、誰かを排除しようとすることを言う筈です。

小学校の運動会で、「 差別を避けるため 」 と称して、カケッコに順位を付けないなどという馬鹿げた方針をとる学校があるそうですが、早く走れば、一等賞と褒めてもらうのは当然のことです。
一番前を走りながら、男女の生徒を分けて考え、2番目の男児を一等賞と決め、女児には、「 あなたは女子の一等だからね!」 とやらかすのは明らかに差別ですが、本当に一番前を走った児童を一等賞と呼んでやる事を躊躇う理由はありません。

家賃滞納者の場合にも同じで、明らかに要件を満たしていないものに、要件を満たした者と同じ権利を与える必要は無いと思います。
むしろ、前回に述べたような、権利の不平等に苦しむ大家・地主の多い中、データベースは作られて当然という気がします。

上の記事では、作り手は、ブラックリストであることを否定しているようですが、わたしは、はっきり、ブラックリストが必要なのだと思っています。
それで入居出来なかった人達については、国なり、地方自治体なりが、「 お助け小屋 」 でも何でも作れば良い話であって、一般人の大家にリスクを押し付けるのはお門違いでしょう。
 
 
 
 


まるで、B 級ホラーみたい! / 2009.11.21 Saturday

クリックして下さい。少し大きくなります♪


ペルーで大量殺人か、遺体の脂肪を売っていた疑い
(トムソンロイター) 2009年11月20日(金)15:53


 [リマ 19日 ロイター] ペルーの警察当局は、数十人を誘拐して殺害し、被害者の遺体から脂肪を抜き取って販売していた疑いで、計 4人を逮捕した。
売られた脂肪は化粧品を作るのに使われていたという。

 警察幹部は記者団に対し、人間の脂肪売買を目的とした殺人を認めた容疑者らを拘束したと発表。
脂肪は簡単な実験室で抜き取り、ボトルに入れて集め、保管していたという。

 警察は身柄を拘束した 4人以外に、脂肪を買った側の人間や協力者の行方も捜査している。

 警察が公開したビデオによると、一部の犠牲者の遺体は、犯行グループが作業していた同国中部ワヌコの民家から発見された。

 また警察は、犯行グループとの関連が疑われる地域での行方不明者 60人も調査している。
捜査は今月に入り、山間部から首都リマにバスで脂肪が運ばれたとの情報を基に開始されていた。


■■□―――――――――――――――――――□■■


まるで何処ぞのB級ホラーの筋書きを読んでいるか、ナチスの人体実験の話を聞かされているかのようですが、どうやら現実であり、時は現代のお話のようです。

・・・ にしても、こういう製造法で作られた化粧品を買い求める人って、どんな女性なんでしょうね?
( いや、昨今のことだから、女性とは言い切れないか?)
脂肪とはちょっと違いますが、処女を惨殺してその生き血を飲んだり、全身に浴びるという悪魔の行為に没頭したという、中世の女性 エリザベート・バートリ を連想してしまいます。

エリザベート・バートリ については、こちらに詳しく出ていますので、興味のある方は、リンクをクリックして下さい。
http://members.jcom.home.ne.jp/0350371001/works/works_4_h.html

こういう女性なら ( いやまぁ、男性でも良いんだけど )、こんな化粧品を喜んで購入するかも知れませんね。

因みに、わたしは要りません!!
 
 
 
 


家賃滞納DB 来年2月から運用開始 / 2009.11.11 Wednesday

クリックして下さい。少し大きくなります♪


家賃滞納歴のデータベース運用、10年 2月から開始
(朝日新聞) 2009年11月11日(水)08:03


 家賃滞納歴などを登録した家賃保証会社の入居者の信用情報のデータベース ( DB ) の運用が、来年 2月から始まる。
約 20社が参加を予定し、1年後に約 180万件が登録される見通しだ。

 10日の国土交通省社会資本整備審議会の部会で、社団法人 「 全国賃貸保証業協会 」 ( LICC ( リック ) ) の中島拓・専務理事が説明した。
協会には現在 9社が加盟。 来年 2月までにさらに約 10社が加わる見込み。

 加盟社は、新規契約を結んだ入居者の家賃支払い状況に加え、毎月 10日時点で入居者の滞納家賃を家主側に立て替えた情報なども登録。 ほかの会員会社の情報も照会できる。
運用当初は毎月 15万件前後の登録を予定。
1年後の登録件数は約 180万件に達する見込みで、大手家賃保証会社でつくる業界団体の家賃保証契約件数 ( 約350万件 ) の半数以上になるという。

 DB化をめぐっては、「 家賃滞納者のブラックリストにつながり、住まいの確保が難しくなる 」 との批判が根強い。
日弁連は 10月、前原誠司国交相あての意見書のなかで 「 社会的弱者を排除する 」 と反対を表明している。
(室矢英樹)


■■□―――――――――――――――――――□■■


記事中には 「 DB化をめぐっては、『 家賃滞納者のブラックリストにつながり、住まいの確保が難しくなる 』 との批判が根強い。」 ・・・ とありますが、実は、地主・家主にとって、今こそ必要なのが、そのブラックリストなんです。

元々、こういった遣り取りには、借地借家法が適用されるのですが、これが、過去、大地主が権勢を誇った時代を大袈裟に反省して出来上がった法律なんです。

例えば、借地人及び借家人が土地建物の新所有者に対して比較的容易に自己の権利を対抗できるようになっている。
また、借地・借家契約について、その期間をできるだけ長く設定し、かつ契約更新を強制して契約が容易には終了できないようにしてある。
そして、借地に関しては、借地権の譲渡や転貸をする際に本来必要な地主の承諾を得なくても代わりに裁判所の許可を得ればよいともされている。
さらにこれら借地借家法の規定は、借家人に不利な特約をしてその内容を変更してはならないという片面的強行規定という方法がとられており、逆に、借家人に有利な特約は許される。

・・・ これを見ても分かるように、借地借家法は土地建物の賃借人にとって、非常に有利な規定となっています。

ところが、現在、実際の状況を見れば、借地人、借家人といっても、別に社会的弱者でもなければ、金に困って借り物を利用している訳でもありません。 ( 本当に困っていれば、容易に生活保護も受けられる時代です。)
おまけに、今という時代は、権利が有るなら、不義理であろうが嘘を吐くことになろうが、全部の権利をとことん主張しようかという人までいます。


実際、この何年か、わたしも不良店子 (たなこ) さんに、散々悩まされて来ました。
なにしろ、普通の商店のように、品物を握っていて、相手が支払えばそれを渡せば良いというものではない点が泣き所です。
つまり、品物が相手の手にある状況で、家賃を受け取らねばならないのです。
そこへもってきて、この店子にだけ、優しい法律があるわけですから、家賃を滞納されても、出て行ってもらうことさえ容易ではなく、こんな問題は弁護士でさえ引き受けてくれません。

そのため、わたしも2年近く、店子と争って来ました。
相手はわたしの病気に気付いており、態々銀行振り込みを拒否した上、家賃を取りに来させることに決めてしまい、仕方なく相手に合わせて取りに行っても、「 無いものは無い!」 の一点張り。
特に最近の 8ヶ月は、行く度に、先の日付を指定されて、「 その時なら、金が入っているから。」 と、言われるのですが、次に行けば、また次の日付を指定するだけで一銭も受け取れず ・・・ の繰り返しで、病気の身体には辛い日々が続きました。

それでも、出て行けと言えないのが、大家の現状なんです。
だからこそ、誰もがそんなトラブルに遭わないために、予め不良店子をピックアップしたブラックリストが欲しいと思うのではないでしょうか?

戦前の財閥・大地主時代じゃないんですから、好い加減に大家と店子の権利関係を平等にして欲しいと、しみじみ思います。
 
 
 
 






I'm waiting so long . . .



 ご訪問ありがとうございます。


 この歳まで自分の血液型を

 知らずに暮らしていましたが、

 やっと病院で聞いて来ることが

 出来ました。

 AB型だそうです。

 これまで、性格から逆判定

 されていたのと同じですね^^

 つまり、双子座のAB型!

 四重人格の捻くれ者???

 ?(゚_。)?(。_゚)?



 四重人格者のねじくれた

 サイトにようこそ!!

 (。・・。)(。. .。)ウン
  Click me ♪


プロフィール




カテゴリー

最新記事

アーカイブ

コメント

トラックバック
リンク

フリースペース

モバイル


フリースペース

クリックすると、ポップアップが出ます♪
Click us!



最近、ブログが重いので
アマゾンの広告は消しました。
別ページにまとめて置いています。
リンクの欄からお越し下さい♪(=^・^=)


――――――――――――――



――――――――――――――


――――――――――――――










I'm waiting so long so long . . .